BLOG

スマートフォンの5秒動画広告の効果

昨年から販売開始されたYouTube のバンパー広告(スキップできない6秒以下のプレロール広告)ですが、最近は様々な広告主が活用しているようです。

5秒動画は15秒と比較して伝えられる情報量は少なくなるため、広告効果に関しては15秒動画と比べると大きく落ちるのではないかと思われますが、スマートフォンにおいて5秒動画広告は、10秒、15秒のものと比較し、ブランド好意度と購入意向の向上効果は同等という調査結果があります。

※詳細はこちらの資料を御覧ください。

yume

スマートフォンでは15秒、30秒という動画広告は、余程興味がない限り最後まで視聴されることはありません。そのため、広告の目的にもよりますが、15秒、30秒動画で視聴完了率が低くブランドメッセージが完全に伝わらないよりは、5秒程度の短尺動画でメッセージを伝えられるように工夫し、視聴完了率を高くすることで、ブランドメッセージのリーチ効率が上げる試みが増えてきているようです。

現時点ではまだ、大手企業のスマートフォン動画広告はクリエイティブも15秒〜30秒のTVCMを流用している場合が多いのですが、今後はTVCMの流用ではなく、手間をかけてでも5秒の動画広告が作られていくことが増えていきそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加