BLOG

  • 縦型動画広告の可能性と課題

    今から2年前にSnapchatが縦型動画広告を販売開始。その後、Facebook、Instagram、
    そして今月に入ってTwitterも縦型動画広告の販売を開始することを発表しました。
    また、大手プラットフォームだけでなく、ワシントン・ポスト、バズフィードなどの大手パブリッシャーも縦型動画広告の販売に積極的に取組んでいます。

    スマートフォンは、持ちやすさを追求した結果、テレビやデスクトップとは異なる縦長デバイスとして進化しました。そしてスマートフォンが急速に普及した結果、広告フォーマットにおいても、従来のデスクトップ広告フォーマットの使い回しではなく、モバイルに最適化したフォーマットを開発する動きが活発になっています。

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 調査データからみるモバイル動画広告の現在と今後

    デスクトップ広告は衰退

    世界的にスマートフォンの普及率・ユーザー接触時間が急伸する中、インターネット広告の主戦場もデスクトップからモバイルへシフトをしています。
    先日(2017年4月27日)、IABが発表した「インターネット広告収益レポート」によると、米国のデジタル広告費の51%がモバイル広告に費やされており、デスクトップ広告を超えたことが明らかになりました。
    iab-sp

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スマートフォンの5秒動画広告の効果

    昨年から販売開始されたYouTube のバンパー広告(スキップできない6秒以下のプレロール広告)ですが、最近は様々な広告主が活用しているようです。

    5秒動画は15秒と比較して伝えられる情報量は少なくなるため、広告効果に関しては15秒動画と比べると大きく落ちるのではないかと思われますが、スマートフォンにおいて5秒動画広告は、10秒、15秒のものと比較し、ブランド好意度と購入意向の向上効果は同等という調査結果があります。

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オンライン広告が実際に見られるには14秒のインビュー状態が必要?

    スキン広告(ヤフートップページの全面広告のようなものです。ウェブサイト上でコンテンツの周りを囲むような形で表示される広告)のアドネットワーク会社であるinskin Mediaが、Research Now社、アイトラッキングのSticky、Viewable計測のMoatと共同で「インビュー(広告ユニット面積の50%以上が1秒以上表示された状態)した広告が、実際にユーザーにどれくらい見られているのか?」を調査しました。
    Online ads need to be viewable for 14 seconds to be seen

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 再生3秒以内に7割が離脱か。大手SNSのアウトストリーム動画広告の視聴傾向

    国内においてYouTubeのインストリーム動画広告が動画広告市場全体で大きなシェアを持っていますが、FacebookやTwitterのアウトストリーム動画広告「インフィード動画広告」も大きく伸びています。最近、それら有名SNSのアウトストリーム動画広告の事例が公開されていましたので、事例を元にSNSのアウトストリーム動画広告の視聴傾向を調べてみました。

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • マーケッターは、動画広告の「見かけの視聴完了率」に惑わされるな。

    動画広告を活用している多くのマーケッターが、動画広告の視聴完了率や視聴完了単価を重視しています。しかし、動画広告のフォーマットの中には、視聴完了数を伸ばしたり、視聴完了単価を安価なTrueViewに合わせることを重視するあまり、視聴の質に疑問が残るものもあります。それが実際にどのような広告フォーマットなのかを説明したいと思います。


    フォーマット1)WEBページの記事内や記事下で自動再生される動画広告

    記事中や記事下で表示されます。基本的にはブラウザに広告面積の50%以上が表示されると、自動再生され、50%以下になると再生停止するものが多いです。以下は、実際に表示されたこのタイプの広告のキャプチャー画像です。

    in

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インビュー時間の広告効果への影響

    IAB・MRCが定義するインビューの定義はバナー広告の場合「広告表示領域の50%以上が1秒以上表示された状態」ですが、欧米では1秒表示されたらカウントされるインビュー数よりも、インビュー時間を重視する傾向が目立つようになりました。本記事では「インビュー時間の広告効果への影響」について欧米各社が発表するデータをまとめました。(データ参照元は記事末尾に記載)

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 注目の海外ソーシャルビデオ広告【2013年7月】

    シェアされる動画にはどんな特徴があるのでしょうか?
    米メディア・ReelSEOが発表した下記記事にいろんなヒントがありそうです。
    ぜひご覧ください。

    注目の海外ソーシャルビデオ広告【2013年7月】
    by REEL SEO

    米国の保険会社GEICOの広告、話すラクダが登場する「Hump Day」は驚くべき成功を収めて、
    5月22日の公開以来、約200万のシェアを獲得しました。

    続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加